光塾の指導ノート(大学受験勉強法)
こちらのサイトでは、一本の筋の通った「学習理論」について説明することを目的としています。 一方、twitterでは、「ヒント」について紹介しています。 大学受験のヒント https://twitter.com/hikari_juku
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト移転のお知らせ
ブログは移転しました。

新しいサイトはこちらです。

たくさん、たくさん考えて、サイトをゼロから作ってみました。



よければ僕らと一緒に学びを創り上げてみませんか?

http://hikaru-plas.com/
スポンサーサイト
法学部首席が語る、新大学生が今読むべき本
photo(変換後)
photo credit : Akihiro



法学部に合格した新入生から、「法学部に入学するにあたって読んでおくべき本があれば教えて欲しい」という質問をTwitterで受けました。

確かに僕も法学部で学んだ学生の一人でした。頭に浮かぶような本もいくつかあるはずです。
しかし、この質問を受けたときに真っ先に頭に浮かんだのは、某国公立大学法学部を首席で卒業した友でした。

現在某有名ロースクールで学ぶ彼は、僕にとって、共に切磋琢磨する仲間であり、唯一無二の親友でもあります。
首席であるといっても、安直な試験対策に走るのでは決してなく、知的好奇心に溢れ、学問的な造詣に深く、本質を常に捉えようと自らの頭を働かせることをやめない模範的な法学徒でありました。

そんな彼に、もらった質問をぶつけ考えてくれるように依頼したところ、快く承諾してくれ以下に紹介するようなブックガイドを書き上げてくれました。

それは、単なるブックガイドなのではなく、彼自身の大学生・法学徒としての4年間の経験から裏打ちされた嘘のない言葉によって語られた大学生活のガイドとなっていました。

紹介された本に加え、このような大学生活、ひいては人生の指針ともなりうるガイドが、僕の入学時にも存在していれば!とこれを読んでいる新入生を羨ましく思います。

そんな僕の親友が魂を込めて執筆してくれた大学生活の指針となりうるガイドです。どうぞご覧下さい。


■ 1 ごあいさつと前置き


このたび、光君から新入生向けの書評を書くよう依頼をいただいた、Akihiroと申します。


書評を書く上で光君から提示された条件は、第一に、この書評が大学入学前の高校三年生ないし浪人生を対象とするということ、第二に、本の解説に終始するのではなく自分の経験や考え方を踏まえて書いてほしいということでした。


ここで本を選定するにあたって、第一の点から導いたのは、「大学生活を送る上での全体的な指針となり、これから先の勉強について一定の方向性を与え、途中で迷いが生じたときには何度でも立ち返って読み直せる本」がよいのではないか、ということです。

このような本を学問の内容に入る前のこの時期に読んでおけば、今後の学問の吸収に役立つと思われたからです。


また第二の点から、本の詳しい解説・感想はAmazonレビューや出版社の紹介にお任せするとして、ここでは大学生活を充実させることに関して日ごろ私が思っていることを中心に書かせていただきたいと思います。


■ 2 大学新入生に向けて


(1)新入生の期待を裏切る大学? 役に立たない大学?


さて、みなさんは大学入学を前にどんな気持ちでいることでしょうか?

「大学の授業は高校とどう違うのだろう?」

「大学の試験のレベルはどのくらいだろう?」

「学問とは何だろう?」


自分が大学入学前のときはどうだっただろうかと回想すると、平凡で窮屈な高校までの教育を飛び出して、いよいよ自由な学問の海に飛び出していけるのだという、希望に満ちあふれた気持ちでいたことが思い起こされます。

そして、同じような気持ちで大学入学を迎えられる方はたくさんいらっしゃると思います。


もっとも他方で、大学に対するみなさんの期待をかき消したり、学問の意義を否定しようとしたりする言説も存在します。

たとえば、「大学の授業はつまらないから大学にまじめに通う必要はない」とか、「就職が厳しいため学問なんてやっている暇ではない」とかといったことをアドバイスする大人や大学生が、みなさんの周りにいるかもしれません。


確かに、上記の考えを持った社会人や学生は多数存在しますし、大学に対する期待を裏切るような退屈な授業というものもないわけではありません。

また、日本の政治・経済・社会がこれほどの閉塞感に包まれている状況では、悠長に学問に耽溺している場合ではないなどといった言説が、一定の説得力を持ってくることもやむを得ないと言えるでしょう。

しかし、実のところ大学には、学問をしたいというみなさんの純粋な期待に応え、あるいは社会で生き抜く力を学生に備えさせるだけの舞台がそろっているのであって、それにもかかわらずそのことに気づかない人が非常に多い、というのが真実ではないかと私は思います。



(2)就職活動に生きる大学


大学でする学問のおもしろさは、それをやればすぐに分かることですので、ここでは実践的な面、とくに大学は就職活動に役立つのかどうかという疑問についてお答えしたいと思います。


たとえば、就職活動では「コミュ力」が重要であると言われます。

「コミュ力」という言葉は多義的で曖昧ですが、さしあたってここでは「コミュ力」の内容を「相手の質問の内容を確実に理解し、その質問に適応した回答・解答を自分の言葉で返すことのできる力」と定義したいと思います。

簡単に、言葉のキャッチボールができる力と言い換えていただいても構いません。

そして、内容があいまいであるとよく批判を受ける「コミュ力」なる概念ですが、このような定義をされた「コミュ力」であれば、社会で生きる上で、誰かと仕事をする上で、あるいは新たな価値を生み出す上で、非常に大事なものだといえます。


では、この「コミュ力」を身につけるのに当たって、大学の授業と試験というカリキュラムに真剣に取り組むことが最適の方策である、と言うとみなさんは驚かれるでしょうか。

実は大学の単位認定試験というのは、授業で教授の言ったところを正確に理解し、教授が与えた質問を正確に把握し、求められた解答を分かりやすい日本語で表現できなければ、最高の評価は与えられないようになっているのです。

したがって、最高の評価を得ることを目標に日頃の学習を継続していけば、自然と前記の意味での「コミュ力」は身につくのだ、というのが私の持論なのです。


さらに、就職活動で生きる力を身につけさせてくれるのは、授業と試験だけではありません。

ほかにも、少人数制のゼミでの議論や先生との対話、図書館の活用などたくさん手立てがあるのであって、大学の用意したこれだけの舞台を有効利用しないのは大変もったいないことだといえます。

以上の観点から、採用に当たって大学の成績や大学で取り組んだゼミの活動などを重視する企業も、最近では多いとのことです。

というのは、大学のカリキュラムをこなせば会話のキャッチボールを成立させる力が自然と身につくという前記の点に加えて、大学で学問に真剣に取り組んだ人は一本芯の通ったぶれない思考を持っていることが多いため、信頼が置け安心して仕事を任せられるという事情があるからだと思われます。


実際に私の周りでも、大学を最大限活用して学問と真剣にぶつかっていた人は例外なく就職活動に成功しているといっていい状況です。

さらに言えば、そのような人との会話は楽しく、一緒にいて飽きないものなのです。


(3) 紹介する本


ところで、いくら大学を活用することの重要性を説いても、大学を活用する方法が分からないと仕方がないというのがみなさんの本音でしょう。

光塾のフォロワーないしブログの読者のみなさんは大変レベルが高いと聞いておりますので、「学問の面白さや大学を活用することの重要性は分かっている。ではどうやったら大学を最大限活用できるのか、そこが聞きたいのだ」という方がほとんどかも知れません。

そんな方に向けて、大学に入学する前のこの時期に読むと良い本を二冊紹介したいと思います。


それは、次の二冊の本です。

・許光俊『これからの時代を生き抜くために大学時代にすべきこと』(ポプラ社、2010)





・武居一正『法学部新入生のための学ナビ』(法律文化社、2006)





どちらも、これから大学に入学する方に向けて大学で学問する上での心構えを示したもので、「大学生活を送る上での全体的な指針となり、これから先の勉強について一定の方向性を与え、途中で迷いが生じたときには何度でも立ち返って読み直せる本」であるといえます。

内容は普遍性が高く、目の前に大学卒業を控えた私が今読んでも、いちいち「そうなんだよなあ」と納得のいくことばかり書かれています。

許『これから~』には、大学での学問とはどのようなものかという問いはもちろん、大学での人間関係とは、大学での恋愛とは、バイトはどうすればいいのか、失敗しない就職活動のためにはどうすればいいのかなどのみなさんが気になる身近で実践的な問いについても、筆者の長い指導経験を踏まえた信頼度の高い回答が用意されています。


武居『法学部新入生~』は、タイトル通り法学部に入学する方を対象として書かれていますが、内容は普遍的なものです。これは実際に私が大学入学したての頃に読み、大学生活の指針として大いに参考にしたものです。


どちらも難しいことはいっさい書かれておらず短時間で読めますので、是非一読してみてください1。

今回の推薦図書を読んだ上で次にいよいよ学問の内容に入っていくに当たりどんな本を読むべきなのかについては、この光塾のブログ等で今後別の機会に示されることと思いますから楽しみにしていて下さい。



それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。



              

1 ところで、いうまでもなく学生時代に読むべき本は山ほどあり、意識の高い新入生の中には、「法思想の入門書が読みたい」、「実定法解釈学の基礎が分かるようなのがいい」などの要望を持つ方がおられるかもしれません。

しかし、その要望に対しては、ひとまず我慢してほしいと言うほかありません。

というのも、学問に対する姿勢や判断の枠組みが固まらないうちにレベルの高いものを読んでも、知識を自分のものとすることが難しいからです。

内容的な本については、学問する上での心構えを学び、大学の授業や先生の話を聞いて学問の体系を十分に内面化してから、好きなだけ読み漁るのがよいと思います。




AkihiroくんのTwitter : @akihiro1238
受験勉強、何から始めれば?
medium_3597213066.jpg
photo credit: woodleywonderworks via photopin cc



いよいよ入試本番、国公立入試も近づいてきます。
高2生以下は、先輩の受験の様子を近くで見て、ひしひしと自分が受験生であるという気持ちを感じつつあるのだと思います。

さて、受験生(見習い)からのよくある質問に、

「受験勉強は何から始めたらいいですか?」

なんてのがあります。
今日はこれについて考えてみたいと思います。


指導の例

現在、指導生徒の半分は高2生と高1生です。
僕の指導ではさぞかし高級でフクザツな指導をしているんだろうなぁという考えをお持ちのあなた。全然そんなことはないです、もちろん。

では、僕の塾では高2生以下の生徒に対し、どんな授業を展開しているのでしょうか?


授業・授業・授業

端的に言って、

「学校の授業を活用できるようにする指導+α」

が高2生以下(ないし多くの受験生)に対する指導の中心です。

僕の指導を受けたい、といって面談をしにくる高校生の多くはクラス平均前後。
まずはクラスで上位を目標にして、指導計画を作っていきます。


なぜ授業か?

学校の授業と定期テストも捨てたもんじゃない。
上手に利用すれば、これ以上に優れた教材はないでしょう。

その理由をいくつか述べます。

1 学校の授業時間が、彼らの学習時間の中で一番長いこと

学校の授業時間は、彼らが塾で学ぶ時間よりも遥かに長いものとなります。
とすれば、この授業時間を上手に利用できれば、一日の学習時間のほとんどを有効に利用できることとなります。

裏を返せば、この最も長い学習時間を活用しきれない、となると、授業を上手に利用できる生徒との差が相当に大きいものとなってしまいます。これは学校に通うのであれば、最も避けなければいけない事態です。
多くの高校生は、授業のほとんどを理解できていません。特に、数学をはじめとする理系科目でそれは顕著です。

参考:Benesse教育開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/report/gakukihon4/kou/hon2_1_3.html

僕の実感としても、上記データと同様に、多くの高校生は授業を理解できていない。
総学習時間の中で、最も長い時間を占める学校の授業を上手に活用できない高校生はこれだけ多いのです。まずは最も長い時間を、最も有効に活用できるようにすることには大きな意味があります。

2 定期テストが存在すること

学校の授業は、定期テストとセットとなって大きな意義を持ちます。

定期テストの利用が受験勉強において優れている大きな理由の一つは、その出題範囲にあります。
定期テストは、半学期、もしくは学期ごとという比較的狭い範囲から出題されます。
とすると、学習指導要領すべてから出題される模試とは異なり、「ちょっとやれば成績が伸びることが目に見える」可能性が高まります。

この、「ちょっとやれば成績が伸びるかもしれない」という感覚は非常に重要です。
前述の模試とは異なり、定期テストは範囲がかなりの程度特定可能です。その狭い範囲の学習さえすれば、目に見えて成績の向上を実感できる。この感覚こそが生徒を学習に駆り立てる大きなインセンティブとなりえます。


一方で、

「学校の授業なんか意味ねーよ。俺は受験勉強するから内職しててもいいんだ!」

という高校生の例を考えましょう。

彼は、「受験勉強」と称して、授業とは関係のない勉強を行なっています。目指すは次回の模試の点数アップでしょうか。
しかし、高2以下の段階で始める「受験勉強」とは、まるでバスタブにわずか一滴の水を垂らすような、途方もないものとなりがちです。
つまり、自分が行なっている受験勉強というものが、模試のような極めて広大な試験範囲のせいで、すぐ未来に報われる可能性は著しく低く、「ちょっとやれば成績が伸びる感覚」を得づらいのです。

いずれ、「こんなことをやっていても無駄なんじゃないか?」と思い、前進することをやめてしまうかもしれません。自分の起こしたアクションが、なるべく近い未来で何らかの効力を発揮することが、モチベーション維持には必要不可欠な要素となります。

他方、定期テストは先に述べたように、比較的狭い範囲から出題され、通常は授業で扱ったレベルに収まるようになっています。同じ水を一滴ずつ垂らすような勉強でも、お猪口に水を垂らすのであれば、自らの努力は可視化でき、次の水滴を垂らそうという気になると思います。お猪口はその容積の小ささから垂らした水が間違いなく積み上がっていることが実感できます。
そう思えることが、学習の動機づけにとって重大な意味を持つのです。





まとめ

他にも数多くの学校の授業を活用すべき理由が存在します。
またそれはいずれ別の記事で紹介したいと思っています。

ひとまずは、授業があなたの学習時間の最も多くを占めている、ということ。更に、定期テストの限られた出題範囲のおかげで、学習への動機づけが高まること。この2点をさしあたり記憶に留めておいて頂ければと思います。





※ 授業利用が困難な場合

確かに、どう考えても生徒個人の力では活用不可能な授業というものは存在しています。
以前指摘したような、カギカッコ付きの「進学校」ではその傾向が顕著です。

参考:「とある私立高校の授業の実態」
http://togetter.com/li/256110

とはいえ、まずは授業を活用しようと努力すべきであることは強調しておきます。
どうしても困難であれば、信頼できる指導者に相談しましょう。

とある私立高校の授業の実態
http://togetter.com/li/256110


ツイートをまとめたものを、多くの方に見て頂けました。
2月12日16時現在、26000近くのページビューとなっています。


これを発表したあとも、多くの高校生や、元受験生の方々から「自分の高校もそうだった!」とコメントを頂きました。
僕が思っていたよりも遥かに大きな社会的な問題であるように思われます。


これをお祭り騒ぎで終わらせることなく、ほんのわずかでも健全な学習環境で高校生が学べるようにするためにできることはなんでしょうか?

僕は僕のできることをやってみます。
もしよろしければみなさんも、多くの方にこの私立高校の実態をお伝え頂ければ幸いです。

「努力が報われない」と嘆く高校生に。
学校に大切なわが子を預ける保護者の方に。
なんらかの事由によりノウハウのないまま受験指導をせざるを得なくなってしまった先生方に。

あらゆる人に届いて欲しい、そう心から祈っています。




「とある私立高校の授業の実態」
http://togetter.com/li/256110
小論文対策のはじめの一歩
IMG_1225(変換後)


■ 志望理由書から
この前東大ロースクールを受験することになった友人の志望理由書を見せてもらった。アドバイスが欲しいとのことだったので、結構ズバズバと言わせてもらった。 彼は同世代の中でもとりわけ頭の切れる人間だ。文章の力もある。言葉に熱がこもっている。志望理由書も、そのままで素晴らしいものだった。

そんな中で僕がアドバイスをするのも、なんとなく気が引けたのだけれど、それでももっと彼の良さを引き出す語と構成があると思われた。 そのときのアドバイスが、もしかしたら受験生がある程度まとまった文章を書くのに役立つかもしれないので、ちょっと書いてみる。


■ 形式的なアドバイス
これは僕が文章を書くときに気をつけていること、だと思って欲しい。基本的に小論文の指導も、現代文の解答の記述の指導も、この辺りに着目して行なっている。比較的フォーマルな文章では、次のようなことに気をつけている。

※ ただし、これは形式的なアドバイスにすぎないことを確認しておく。


1)問われていることに答える。
書こうとしている文章はいったいどのような問いに対する答えなのか。誰がそれを読むのか。まずはここから。 言いたいことを言いたいように言う、というのでは評価はされない。コミュニケーションをしようとする姿勢を忘れないこと。これはおよそ「論文」と名のつくものを書く際の大前提だけど、意外と見落とす人は少なくない。

2)1文は短く。
1文はなるべく短いほうがいい。僕はフォーマルな文章では情報のまとまりを1つの文の中で3つ以上は入れないようにしている。ある種の学問(特に法学!)に親しんでいるとつい長くなってしまう気持ちはわかるけど、主述はなるべく2つまでにする。意識的に制限する。

3)単純接続語を使わない。
論理関係がひとつに定まらない語を使わない。接続詞「そして」や単純接続の「が」、「て、で、して」など。便利だから使いたくなるのはわかるけれど、フォーマルな文章では論理関係を明確にしたい。こららの言葉はその関係を曖昧にし、隠蔽する性質を持っている。だから、その関係を曖昧にする語を意識的に制限する。

4)論理関係を明確に示す。
先ほど述べた曖昧な接続語を利用しない代わりに、意識的にロジカルな接続語を利用しようと心がける。読みやすい文章に必須の条件は、内容の予測ができることだ。読み手に内容の予測ができるように、ディスコースマーカーを配置する。

5)抽象具体の対応に敏感になる。
最初に自分の主張を抽象的に(要約的に)示す。その主張と対応する形で具体的な説明を始める。これも読み手とのコミュニケーション。「ん?抽象的でよくわからないぞ?どういうことだ?あ、こういうことね」と問いを生ませ、解決する。相手からの反応を予測し、対話するよう心がける。


6)1文内の語の配列に気をつける。
左から右に流れる以上、左には旧情報、右には新情報を置いておきたい。冠詞の概念と相まって英語ではごく自然の発想だけど、日本語で書く際には意識されないことが多い。このあたりは上級編。


■ 本当に大切なことは?
いろいろ書いてきたけれど、想像力を働かせてコミュニケーションをしましょう、というのが僕の文章における持論。 文章は時間差のあるコミュニケーションだから、相手の反応を想像した上でその反応に対する適切な反応を「わかってますぜ、旦那」と先回りして書いておく。これが一番、かな。

受験生のレベルに戻ろう。ここまでできなくても受かるよ、うん。まず差がつくのは、1)の部分。つまり、「問いに答える」ことのできる受験生って多くないんだな、意外なことに。今述べてきた技術的な話は、すべて「問いに答えている」ことを前提にしているから、まずはそこから見直すといいかもね。


■ 自分の言葉で語ること
彼の話に戻る。彼には主に、意識的にDM(ディスコースマーカー)を利用すること、旧情報・新情報による配列を考えること、抽象具体の対応をよりよくすることをアドバイスさせてもらった。見違えるほど良いものになった。いい文章は淀みがない。流れが妨げられない。

そしてもう一点アドバイスをしたんだ。それが、「自分の言葉で語ること」。志望理由書なんてみんな同じようなこと書いてくるさ。しかもそれが「東大ローを志望した理由」ともなれば、似たり寄ったりだろう。すると同じ表現が集まり、言葉がインフレする。価値が下がる気がする。

「時代に流されない普遍的な思考」。これが東大ローの合言葉。誰もがきっと書いてくる。それが借りてきた言葉なのか、問題意識を持った上での自分の言葉なのかは判別できない。東大のサイトから持ってきただけなのかもしれないし、今までの具体的経験の中で抽象化し、心の底から大切だと思っているのかもしれない。それはわからない。

だからこそ、自分の言葉で語る必要があると僕は思う。その点彼は、常日頃から普遍性の大切さを言葉を換えて何度も何度も説いていた。予備校本や「受験テク」で効率よく「受かればいい」とする態度に対して、「それじゃいけない!」いつも僕に熱く語ってくれた。それを書きさえすればよかった。

僕の生徒の何人かには、僕が東大に提出した研究計画書を見てもらったんだけど、あれはなかなか面白かったと思う。どういうことかと言うと、フォーマルな文章のはずなのに、出てくる語彙がヒューモラスでコミカルなんだ。

あの天下の東大に提出する文章だぜ?そこに、「戦国時代の如く」とか「サイズの合わないTシャツ」なんて言葉が出てきている。笑っちゃうかもしれないし、あるいは驚くかもしれない。 でも、これが借りてきた言葉でない、僕の経験を反映した、僕だけの言葉だった。それが最も伝わると思ったんだ。

もしかしたら「自分の言葉で語る」ことは高校生のレベルを超えているかもしれない。受験では使えないかもしれない。でも、文章という比較的画一的なフォーマットの中で、コミュニケーションを前提にした上で、隠れがちな「情熱」や「オリジナリティ」を伝えるには優れた手段だと思います。


■ 小論文対策の第一歩
いろいろと述べてはきたけれど、受験生がまず学ぶべきなのは、形式ではなく、書く内容です。語る内容と言葉がないと、小論文なんか書けない。小論文試験はリアルに君の経験が問われる。読んだこと、体験したこと、考えたこと。今の受験生にはこれが決定的に欠けている。

小論文というものは、「小論文が書けるようになる10の方法」みたいなパッケージですぐさま書けるようになるものじゃない。 方法が有効なのは、書く内容を自分の中に持っている人だけだ。採点する教授の気持ちになろう。小手先のテクニックをあざとく仕入れてきた人を選び入学させる試験なのか?恐らく、違う。

1にも2にも内容がないと書けない。書き方の訓練はその後でいい。原稿用紙の使い方とか、フォーマルな言葉遣いとか、そういうものはすぐに身につく。国公立後期や、一部の私大の受験を考えている人は、真っ先に内容を仕入れること。これは数日・数週間で身につくものではないのだから。


■ 内容を仕入れる
本来、小論文で合格しようと思うなら、その分野については読書によって見識を深めておくことが望ましい。
とはいえ、最初のとっかかりが掴めない人も多いだろう。どのようなテーマが小論文試験で問われるのか、その全体像の枠組を簡単に構築しておきたい。

初学者向けに、最初の本として2冊紹介しておくよ。
現代文の成績が上がらない人も、まずはこの2冊を読み込んでみよう。


樋口裕一『読むだけ小論文 基礎編』
読むだけ小論文 基礎編 3訂版―すべての受験生向け“頻出の11テーマ” (大学受験ポケットシリーズ)



樋口裕一『読むだけ小論文 発展編』
読むだけ小論文 発展編 改訂版―上位校突破のための14テーマ (大学受験ポケットシリーズ)



当然だけど、読むだけで小論文が書けるようになるはずもない。
これは、概略に過ぎない。

これら2冊を読み込み、自分の受ける大学の過去問を丁寧に読んでみよう。
どのようなテーマが問われているのか見えてくるはずだ。
それがわかったら、分野・学問領域に従った読書を始めよう。
もちろん、ペンを握ってノートを開いて、ね。

まずはここが、はじめの一歩。


プロフィール

光塾

Author:光塾
東京大学大学院教育学研究科にて「学習法略」の研究をしています。

「効果的な学習法は人によって異なる」。この当たり前の事実に、どれだけの人が気づいているでしょうか。

受験業界においては、「勉強法」というものは「法則」というにはあまりにも根拠に乏しく、個別具体的な「俺のやり方」に過ぎないことが多々あるように思われます。

そこで、戦国時代の如く統一されず、受験生を混乱の渦中に陥れている個別具体的な「俺のやり方」の乱立に対し、科学のメスを入れ、「自分に合った学習方略」の発見・選択の助けを行いたいと思っています。

つまり、学習法を科学するのです。

今まで受験業界においては、個別具体的な経験を過度に一般化するに留まり、このような統一的な視点が欠落していたように感じます。

「効果的な学習方略」の選択と、欲しい結果に見合う努力さえあれば、誰でも望む結果に到達することが可能です。

10の努力を100の結果にすると吹聴するような怪しげで奇を衒った方法はここでは紹介していません。

普通にやって、普通に受かる。

そんな方法を、科学的方法論に基づき、解明していきたいと考えています。努力が正しく報われる社会の実現に向けて。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンタ



Twitter

    follow me on Twitter



    検索フォーム



    RSSリンクの表示