光塾の指導ノート(大学受験勉強法)
こちらのサイトでは、一本の筋の通った「学習理論」について説明することを目的としています。 一方、twitterでは、「ヒント」について紹介しています。 大学受験のヒント https://twitter.com/hikari_juku
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期開始から1ヶ月。君の成績は上がったのか?
One_way_Ticket_to_the_Moon_0089+(6)_convert_20110519204211.jpg


3大予備校のマーク模試が実施され、早い人は記述模試も受けているかもしれません。
模試の結果に一喜一憂するだけでなく、大切なことを確認しましょう。


確認べきことは次のシンプルな事実です。


「4月からの学習は、成績向上に貢献しているのか?」


なによりもまず、これを確認すべきです。


高校生であれば、授業の内容が身についているかのひとつの指標になります。
足りない部分があれば、授業を補う形で取り入れていくようにしましょう。
授業を無視し、自分勝手な学習を行うと、多くの場合自滅しますのでご注意を。


強調しておきたいのは浪人生についてです。

予備校に通う受験生であれば、新学期が始まり約1ヶ月授業を受けたことになります。
それを踏まえた上で模試の手応えはどうだったでしょうか?

授業の内容が成績の向上に直結していることを実感できていますか?
仮にそうでないならば、学習方法を見直す必要があるでしょう。

見直すべきポイントは以下の2点。

ひとつは、学習のレベルです。
以前から再三述べているとおり、多くの受験生は自分の実力よりハイレベルな講義や教材を選択しがちです。
もし新たに学習を行っても数多く疑問点が残り、模試の手応えも現役時代と変わらない、ないしは、むしろ悪くなったということであれば、授業のレベルと自分の実力のギャップについて一度よく考えるべきでしょう。


そしてもうひとつは、定着の程度です。
自分のレベルに合った授業、教材を選択できたとしても、それが身についているかどうかはまた別の問題です。
特に予備校生は、毎日毎日新しい授業が時間割を支配し、復習を二の次にしがちです。
理解したことを、定着させるような学習を行っているでしょうか?

成績が上がる瞬間は、なによりも復習のときです。
授業を受けてその瞬間、次回の模試で点数が上がることは、滅多にありません。
この時期、新しい環境に流され、ついつい自分で学習することを忘れがちです。
授業だけを受けていても、成績は上がらない。
古くから言われていることですが、もう一度自分の学習方法を見直しましょう。


1ヶ月程度で成績の向上はない、と思う受験生もいるかもしれません。
僕に言わせれば、それは学習教材や学習方法が誤っている、ということになります。

参考までに、5月までの僕の生徒の学習と、模試の結果を簡単に記しておきます。


・中堅進学校に通っていたAくん(難関私立理系志望)

代ゼミに通い、英数は僕の授業を受ける。
コースはもっとも簡単なものを選択。

やったこと
予備校
・予備校の授業の予習復習の徹底。
・予備校テキストを利用し、「わかった気になる部分」の洗い出しと、確認。
・「わかった気になる部分」の周辺をメインテキストで復習。

予備校以外
・簡単な英文法問題集2冊をそれぞれ「完璧になるまで」繰り返し。
・数学は、教科書レベルの簡単な教材を条件反射的に解けるまで繰り返し。


模試の結果(代ゼミマーク)
英語に関しては、英文法の問題はほとんど解ける。
数学は、全分野につき一定程度の得点。
マーク特有の問題で落とすことはあるが、教科書に収録される公式・解法を適用する問題はすべて解ける。

現役時代との比較
英語は20-30点アップ、数学は15-20点アップ。
英数ともに、根拠をもって得点。



・非進学校出身の宅浪生Bさん(国公立文系志望)

ブログから個別指導を申込んでくれたセンター重視の国公立文系志望の受験生。
受験費用を稼ぐためアルバイトを行いながら、自宅で学習をする。
毎週1回の僕のフォロー。
理解が困難である問題についての解説、つまずきの発見、次週までの課題や復習の方法の指示を行う。


やったこと
英語:入試典型の英文法問題集を2冊。
数学:教科書レベル+αの入試典型問題が収録された問題集をすべて。


模試の結果
英語は、文法問題はすべて根拠をもって解ける。加えて、15分余る。
数学は、典型問題のほとんどが解ける。

現役時代との比較
英語は、約20点程度アップ。「安定した8割」の実現。
数学は、15-20点程度アップ。



以上のように、わずか1ヶ月とはいえ、僕の生徒は学習を行った部分については確実に成績を伸ばしています。
もちろん、学習段階に応じて成績の伸びやすさは異なりますが、センター9割未満であれば、そのほとんどは1ヶ月の学習で成績を伸ばすことができるはずです。

授業を受けるだけでは、成績は上がりません。
大切なのは、どう取り組むかです。
もし、今回の記事を読み、自分の学習に欠陥が見つかった人は、穴が小さいうちに学習方法を改善しましょう。



以上まとめます。
・1ヶ月の学習でもほとんどの場合、成績を確実に伸ばすことができる。
・この1ヶ月の学習を振り返り、それらが模試の成績に直結したのかどうか、もう一度確認をしてみる。
・もしそうでない場合、学習レベルと定着の方略について考え直す。
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://hikarijuku.blog33.fc2.com/tb.php/19-60a21ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

光塾

Author:光塾
東京大学大学院教育学研究科にて「学習法略」の研究をしています。

「効果的な学習法は人によって異なる」。この当たり前の事実に、どれだけの人が気づいているでしょうか。

受験業界においては、「勉強法」というものは「法則」というにはあまりにも根拠に乏しく、個別具体的な「俺のやり方」に過ぎないことが多々あるように思われます。

そこで、戦国時代の如く統一されず、受験生を混乱の渦中に陥れている個別具体的な「俺のやり方」の乱立に対し、科学のメスを入れ、「自分に合った学習方略」の発見・選択の助けを行いたいと思っています。

つまり、学習法を科学するのです。

今まで受験業界においては、個別具体的な経験を過度に一般化するに留まり、このような統一的な視点が欠落していたように感じます。

「効果的な学習方略」の選択と、欲しい結果に見合う努力さえあれば、誰でも望む結果に到達することが可能です。

10の努力を100の結果にすると吹聴するような怪しげで奇を衒った方法はここでは紹介していません。

普通にやって、普通に受かる。

そんな方法を、科学的方法論に基づき、解明していきたいと考えています。努力が正しく報われる社会の実現に向けて。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンタ



Twitter

    follow me on Twitter



    検索フォーム



    RSSリンクの表示