光塾の指導ノート(大学受験勉強法)
こちらのサイトでは、一本の筋の通った「学習理論」について説明することを目的としています。 一方、twitterでは、「ヒント」について紹介しています。 大学受験のヒント https://twitter.com/hikari_juku
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0 はじめに
bocciolo3_convert_20110318203651.jpg


はじめに。

~受験生の本来持っている才能の芽を潰さないために~


このサイトでは効率的な受験勉強の方法を紹介していきます。

ここで紹介している方法は単なる一例に過ぎません。
よって、すでに予備校や塾、学校等で信頼できる先生がおり、その方法に従って成績を伸ばしている受験生には必要のないサイトです。
そのまま、その先生や方法に従ってぜひ志望校合格を勝ちとってください。


一方で、このサイトの対象者は以下のような受験生です。

・そもそも、どのように学習したらよいのかわからない。
・人より時間を割いて勉強しているのに、思うように点数が上がらない。
・今の学習方法に不安があり、結果の出ている方法を知りたい。


このサイトのコンセプトは、「努力が報われる学習を!」です。
一の努力をした人には、一の成果を。
十の努力をした人には、十の成果を。

そのための学習方法を、自らの指導実績からある程度体系化できたためここで公開することにします。




さて、巷には多くの受験勉強方法が溢れています。

書店に行けば『合格体験記』、『〇〇大学合格作戦!』、『〇〇大学受験必勝法』といったタイトルの本の山。
また、インターネットの世界でも「大学受験 勉強法」とでも検索すればびっくりするくらい多くの情報が溢れていることがわかります。
最近ではTwitterを利用して自分にぴったりの参考書情報を教えてくれるところもあるようです。


そんな中、どうしてわざわざ新しくここで学習法を紹介する必要があるのでしょうか?

それは、それらの勉強法の多くが致命的な問題を抱えていることが多いからです。
その致命的な問題は、生徒の努力を間違った方向に誘導し、生徒の一生を台無しにする恐れがあります。
正しいやり方で学習すれば、努力に見合った分だけ自然に結果は出たはずなのに、
誤ったアドバイスにより生徒の努力や、場合によっては人生を台なしにする場合もあります。



例えば、それらの例として次のようなものがあります。
そもそも学習方法とは呼べない、一般性のないその人個人の体験談。
受験生を金づるとしか考えないモラルのない学習塾のプラン。
ろくに情報も持ち合わせていないのにもかかわらず、突拍子も無い「受験指導」を始める自称進学校。
指導実績がほとんどないのに、あたかも抽象化された理論であるかのように声高に語る講師。
生徒の現状を正しく把握することなくフィーリングで伝達されるアドバイス。



長年受験業界の観察を具に続けてきましたが、受験界には少なからずこのような問題が存在しているように思われます。
受験界に蔓延るこのような問題を、受験生の意識の改革から解消することができればと思い、ここで情報を公開しようと考える次第です。



正しい学習方法で学べば、努力した分だけ成績が伸びます。
あなたも例外ではありません。

どうか、誤った学習法で自分の能力の芽を潰さないでください。
一緒に努力が報われる学習を行っていきましょう!





それでは、僕の実際の指導ノートをみなさんに公開していきたいと思います。
暗闇の中でひとりもがき苦しんでいるあなたに、あたたかで優しい希望に満ちた光を。
光はこちらからあなたの足元まで届けておきます。あとはあなたがそれに向かって歩くだけです。

光塾塾長 Hikaru
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://hikarijuku.blog33.fc2.com/tb.php/4-59db40dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

光塾

Author:光塾
東京大学大学院教育学研究科にて「学習法略」の研究をしています。

「効果的な学習法は人によって異なる」。この当たり前の事実に、どれだけの人が気づいているでしょうか。

受験業界においては、「勉強法」というものは「法則」というにはあまりにも根拠に乏しく、個別具体的な「俺のやり方」に過ぎないことが多々あるように思われます。

そこで、戦国時代の如く統一されず、受験生を混乱の渦中に陥れている個別具体的な「俺のやり方」の乱立に対し、科学のメスを入れ、「自分に合った学習方略」の発見・選択の助けを行いたいと思っています。

つまり、学習法を科学するのです。

今まで受験業界においては、個別具体的な経験を過度に一般化するに留まり、このような統一的な視点が欠落していたように感じます。

「効果的な学習方略」の選択と、欲しい結果に見合う努力さえあれば、誰でも望む結果に到達することが可能です。

10の努力を100の結果にすると吹聴するような怪しげで奇を衒った方法はここでは紹介していません。

普通にやって、普通に受かる。

そんな方法を、科学的方法論に基づき、解明していきたいと考えています。努力が正しく報われる社会の実現に向けて。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンタ



Twitter

    follow me on Twitter



    検索フォーム



    RSSリンクの表示